2018年03月13日

完全な主食と言われる玄米食

玄米食は、完全な主食と言われ、それ自体で十分な栄養を摂れます。
主食に何を選ぶか。

主食に求められる条件
@それ自体で、生命の維持に十分な栄養を備えている。
A必要に応じて、何時でも食べられるように保存がきく。
B地域内の住民に満遍なく行き渡ることが可能。
この3つを満たすのは唯一つ玄米だけだと言われます。

玄米を主食とすると、栄養的にも素晴らしく、ほんの少しの副食物が
あれば健康は維持できるといいます。

白米を主食とすることにより、副食物も多くなり、贅沢を好むように
なり、病気が増えたようです。
病気予防には、贅沢を慎み、玄米食が望ましいです。

玄米が食物として最も優れている点は、何といっても栄養源としての
豊かさにあります。

白米は、玄米から栄養の源である胚芽や糠の部分を排除したものです。
糠にはあらゆるビタミンが含まれていて、将来稲として発芽する
胚芽ビタミンもたっぷり含まれます。

だのに、それらを全部取り去た白米は、ビタミンB1は玄米の4分の1、
B2は3分の1、ビタミンEは10分の1と残念な数値になります。

タンパク質や、脂肪、リンや鉄などのミネラル分も玄米には沢山含みます。
白米が玄米を上回っているのは、炭水化物とカロリーだけだそうです。

玄米の栄養源である胚芽や糠を発酵させた玄米酵素は素晴らしいです。
posted by ようこ at 19:49| Comment(0) | 酵素・玄米酵素・芽宝
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: