2018年03月31日

栄養豊富な玄米食に代わる玄米酵素・芽宝

玄米は、公害物質であるカドミウムや水銀などの重金属に対して
ビタミンB群の一種であるフィチン酸が、体内でそれらの物質と結合して、
便として体外に排出する性質を持っています。

化学物質やいろんな添加物で加工された食品が手に入りやすい現代社会に
於いて、玄米は有害物質に対して有効なパワーがあると言われます。

体の各細胞に栄養分や酸素を送る血液が、良好な状態に保たれれば
健康でいられます。

玄米食の持っている多くのメリットの中で、特に大きな意味を持って
いるのが血液に対する影響力だと言われます。

血液が良好な状態というのは、適度なアルカリ性を保っていることを言います。

血液の酸性度を示すPH値は7,0で中性、それよりも数が多くなれば
アルカリ性で、小さければ酸性を示します。

健康な人であれば7,35、つまり弱アルカリ性です。

血液の酸性度が強くなるに従い、動脈硬化、ガン、心臓病、糖尿病といった
生活習慣病の発生の危険が高まります。

こうした難病を防ぐには、血液を弱アルカリ性に保っておけばよいのです。

その為には、動物性タンパクのような酸性食品の摂取をなるべく控えて、
ミネラルを十分に摂る必要があります。

玄米食は、それ自体がアルカリ性食品であり、カルシウム、マグネシウム
などのミネラルも豊富に含んでいます。

玄米食は、まず血液から体を浄化してくれます。
玄米食を簡単に摂れるように開発された玄米酵素・芽宝の利用も有効です。



posted by ようこ at 17:42| Comment(0) | 酵素・玄米酵素・芽宝