2018年01月31日

健康に美容になくてはならない酵素

若い時には気にならなかった衰えも、ある日突然やってきます。
40代くらいになると、社会的にもいろんな責任も増えきます。

30代の時には、どんなに頑張っても翌日に疲れを持ち越す事も
なかったのに、40代になったら一晩ぐっすり寝たのに疲れが残る
ようになったような気がする。

一日の疲れをその日のうちにい癒すことができなくなり、以前には
なかった二日酔い等も感じるようになったりします。

これといった病気があるわけでもないのに、何だかだるくて、肩こりも
ひどくなり、マッサージを受けてみたりすることも多くなった。

お酒も好きで良く飲んでいたのに、最近めっきり弱くなったなど
急に歳を感じることはありませんか。

そんな時は酵素・玄米酵素を摂ってみると意外と元気が出ることが
あります。

酵素が体の新陳代謝を活性化してくれます。
酵素食品の活用は、簡単で健康維持の役立ちグッツです。

毎日の食生活で意外と酵素の大切さが疎かになっていることがあります。
酵素・玄米酵素で若さと元気を取り戻しましょう。
posted by ようこ at 19:45| 酵素・玄米酵素・芽宝

2018年01月30日

玄米酵素の成り立ち

日本人の主食である米、大概の人は毎日食べていると思います。
どんな米を食べていますか。籾を取り去った玄米から、白米にして

普通の家庭では食されていると思います。
玄米は栄養豊富でビタミンB1やマグネシウム・食物繊維などが

豊富に含み、骨や腸などの健康維持に働きます。
ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変えて、肥満の予防をしたり、

不足するとイライラや倦怠感、記憶力の低下、手足のしびれなどが
起こり、疲れやすくなったりします。

マグネシウムは、骨の重要な成分であり、酵素の働きをサポートして
血圧や体温の調節をします。

玄米には、植物繊維が白米の約6倍含み、整腸作用や便秘の予防や
健康を守る腸内環境の維持に多いに役立ちます。

このように玄米は栄養的にとても優れています。でも、食べにくかったり、
調理が少し難しかったりと、敬遠されがちです。

その為に考えられたのが玄米酵素です。

玄米の栄養源である胚芽と糠に、純粋な蜂蜜を加え、コージ菌を使って
酵素を培養したした食品です。

玄米の持つ栄養素を吸収しながら、コージ菌は何10種類もの
新しい酵素を生みします。これが玄米酵素の原点です。
posted by ようこ at 17:43| 酵素・玄米酵素・芽宝

2018年01月29日

毎日の食生活への思いと酵素

毎日の食生活は大事です。お腹を満たすため、家庭平和のため、
健康維持のためなどいろいろです。

見た目もきれいで、美味しいものも沢山あります。
食べても美味しいし、栄養的にも強化されていて非の打ちどころが
無いように思います。

その中で心配なのは、手が加えられていて、自然なものではないことです。
自然でないとは、生命を失った食品ということです。

食品として考えた場合の生命とは、酵素を十分に含んだ食品を意味します。
人を含めたすべての生物の生命の営みには、酵素が触媒として働きます。

酵素によって生命のメカニズムは支えられているそうです。
酵素は生物の体内で生産されますが、食物を通して外部から摂取
しなければなりません。

ところが酵素は、化学物質や熱に弱い性質があります。
科学の塊のようなインスタント食品や、農薬、食品添加物などで

酵素は破壊され、日常食する食品には、酵素の持つ働きはほとんど期待
できなくなっています。

健康を害して悩む人が増えたのも、酵素が十分に摂れない現代の
食事情があるようです。

健康を守るためにどうするか考えた時に、不足しがちな酵素を摂る
ための身近な存在として考案されたのが、玄米酵素です。
posted by ようこ at 15:57| Comment(0) | 酵素・玄米酵素・芽宝